インド:ムーディーズが国債格付けを引き上げ

ムーディーズがインド国債の格付けを引上げ



11月16日(木)、米大手格付会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス(以下、ムーディーズ)は、インド国債の現地通貨建て及び外貨建て格付けを、投資適格級で最低の「Baa3(BBB-に相当)」から一段階上の「Baa2(同BBB)」に引き上げました。⾒通しは「安定的」。

図表:インド国債の格付け

出所:ブルームバーグの情報をもとにHSBC投信が作成(2017年11月17日現在)

格上げの理由は経済構造改⾰の進展継続



ムーディーズは今回の格上げの理由として、①改⾰による成⻑ポテンシャルの押し上げ、②政府債務の安定維持、③制度的枠組みの強化、④政府による国営銀⾏の資本増強を挙げています。要点は以下。

市場は格上げを好感



市場は格上げを好感し、17日(⾦)のインド株式市場はSENSEX指数が前日比0.9%上昇、5年国債利回りは0.07%低下(債券価格は上昇)、ルピーは対米ドルで前日比0.8%上昇しています(日本時間15時半現在)。

当社の⾒⽅〜インド債券市場に⼀段と前向きな姿勢



当社では、ムーディーズによるインド国債の格上げは⾒込んでいましたが、その時期は予想外でした。


今回の格上げは、ルピー相場、国外で発⾏される米ドル建国債やルピー建国債(マサラ債)、国内債券(国債及び社債)にとり好材料となります。但し、国内債は国内投資家による投資が大部分を占めるため、短期的な好影響は抑えられると⾒られます。


今回の発表は政府の財政規律強化に向けた動きを促すものであり、当社はインド債券市場に対する前向きな姿勢を一段と強めています。

留意点

投資信託に係わるリスクについて

投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象としており、当該資産の市場における取引価格の変動や為替の変動等により基準価額が変動し損失が生じる可能性があります。従いまして、投資元本が保証されているものではありません。投資信託は、預金または保険契約ではなく、預金保険機構または保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、登録金融機関でご購入の投資信託は投資者保護基金の保護の対象ではありません。購入の申込みにあたりましては「投資信託説明書(交付目論見書)」および「契約締結前交付書面(目論見書補完書面等)」を販売会社からお受け取りの上、十分にその内容をご確認頂きご自身でご判断ください。


投資信託に係わる費用について
購入時に直接ご負担いただく費用 購入時手数料 上限3.78%(税込)
換金時に直接ご負担いただく費用 信託財産留保額 上限0.5%
投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用 運用管理費用(信託報酬) 上限年2.16%(税込)
その他費用 上記以外に保有期間等に応じてご負担頂く費用があります。
「投資信託説明書(交付目論見書)」、「契約締結前交付書面(目論見書補完書面等)」等でご確認ください。

※上記に記載のリスクや費用につきましては、一般的な投資信託を想定しております。
※費用の料率につきましては、HSBC投信株式会社が運用するすべての投資信託のうち、ご負担いただくそれぞれの費用における最高の料率を記載しております。
※投資信託に係るリスクや費用はそれぞれの投資信託により異なりますので、ご投資される際には、かならず「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。